家出、所在調査のことなら信頼と実績ある当社へ

探偵コラム

人探しにビラを使う効果は?成功させるコツ、注意点を詳しく解説

身近な人が失踪、行方不明になったというとき、まずは自分で探そうと思うのではないでしょうか。自分で人を探す方法の一つとして「ビラ(チラシ)配り」があります。しかしこのビラ配り、適当なビラ作成、やみくもに配り続けるなど、戦略なしに行っても効果は出にくいのです。そこでこちらの記事ではビラ配りを成功させるコツと注意点について解説します。

人探しにビラを使う効果とは

実際ビラを配って人探しをして、どの程度の効果があるかどうかは気になる部分だと思います。人探しのためのビラ配りは、昔から使われてきた情報収集の手段です。この手段が現在でも使われているということは、それなりに効果はあるということになります。

対象者がいる地域

行方不明者がどの地域にいるのか目安がついている場合には、ビラ配りが効果的です。たとえば認知症の症状で徘徊しているご老人などがいい例です。あまり遠くまではいけないだろうと推測ができるので、住居の近辺でビラ配りをすることで情報を得られる可能性があります。逆に行方不明者の行き先に思い当たる場所がない、遠くに行ってしまった可能性がある場合には、ビラ配りによる効果は得られにくいです。行方不明者の行き先に見当がつかないならば、広い範囲で捜索活動を行わなければなりません。すると時間も費用も体力も使うことになるので、あまり有効な手段とは呼べなくなります。

配るだけじゃない

ビラを一枚一枚手渡しで配っていくのが基本的な方法ですが、他にも方法はあります。それは掲示して多くの人に見てもらう方法です。お店などの場所の管理者に了解を得て、ビラを貼らせてもらいます。この掲示するという方法を取るならば、ビラのサイズを変更するなど目に止まるような工夫を加えるといいでしょう。

ビラを使った人探しのポイント

ビラを使った人探しを成功させるためのポイントがあります。細かいポイントもありますが、成功率を上げるために重要なことですので手を抜かないようにしましょう。

十分な情報を記載する

ビラを自分で作成する際に、ビラの内容にするべきものは以下の項目です。

  • 行方不明者の氏名
  • 年齢
  • 性別
  • 特徴
  • 行方がわからなくなった日時
  • 行方がわからなくなったときの状況
  • ビラ作成者の連絡先

身近な人が行方不明になってしまったら、つい動揺して雑にビラを作ってしまうということもあるかと思います。しかしここは落ち着いて、丁寧なビラ作成を行いましょう。なるべく細かく情報を記載することで、情報も集まりやすくなります。特に重要な項目は、行方不明者の特徴です。身長や体格、服装など、見てすぐに「この人だ」とわかるようなことを書きます。この特徴や行方不明時の状況については、記憶が曖昧になってしまっていることもあるかと思います。間違った情報を書くわけにはいかないので、表現に含みを持たせるか、書かないか、どちらかにするといいでしょう。自分の連絡先は、いつでも連絡が取れるような電話番号やメールアドレスを記載するようにします。目撃者からの情報連絡がくるかもしれません。

ビラのデザインにも気を配る

ビラの内容に気に留めてもらえるよう、ビラ全体のレイアウト、デザインにもこだわって作成すると良いです。ビラを目にした多くの人に行方不明者のことを気にかけてもらえることで、有力情報が手に入る可能性も高まります。特に配布だけでなく掲示もする場合、遠くからでもどのような内容のビラなのかがわかるようなデザインを意識すると良いでしょう。

SNSを併用する

ビラ配りと並行して、SNSで情報発信することもおすすめです。ビラですと配る数、地域も限られてしまいますが、SNSは世界中の人が閲覧します。定期的に情報を流し、さらに拡散することで情報が得られる可能性が出てくるので、扱えるようであれば使ってみると良いでしょう。

ビラを使った人探しの注意点

ビラを使って人探しをする際には注意すべき点も多いです。しっかりと把握して、正しい方法で行いましょう。

警察に連絡

事件性がない場合は自分だけで探せるのでは、と考えるかもしれません。ですが、やはり捜索届は出しておいた方が良いです。警察だけができる捜査方法もあるため、早期発見の可能性は上がります。

ビラを勝手に掲示しない

ビラを掲示する場合、勝手に掲示してはいけません。どこに掲示するにしても、場所の管理者の許可が必要です。たとえば地域の掲示板なら自治体に、電柱なら電力会社など全ての箇所に管理者が存在するので、必ず許可を取りましょう。

ビラで探せるのは基本的に家族のみ

身近な人を探すといっても、隣人やクラスメイトなどの他人を探すことはできません。基本的に探せるのは家族のみです。警察に捜索願を届け出ることも、やはり他人ではできません。それは勝手に他人の居場所を突き止めて犯罪に繋げてしまうケースが考えられるからです。いくら仲が良かったからといっても、勝手にビラまで作って探すことはやめてください。

限界を感じたら探偵に頼る

ビラの効果があまり感じられない、有益な情報が得られず手詰まり感がある、など自力での人探しに限界を感じたら探偵に調査を依頼することをおすすめします。警察の場合、事件性の薄い家出などの捜索についてはなかなか動いてくれないことが多いですが、探偵ならすぐに調査を開始できるのです。また探偵は調査のプロですので、素人にはない技術やノウハウでしっかりとした調査を行います。限界だと感じたら、必要以上に無理はせず、プロに頼みましょう。

まとめ

人探しにビラを使う効果、ビラ配りのポイント、注意点について解説しました。人探しのためにビラを作るという方法は、昔からある方法です。現在でもその方法が残っているということは、多少なりとも効果があるということでしょう。しかしこの方法には時間も体力も、さらには効果的なビラを作るデザイン力なども必要になります。効率的かというと、その点はあまり良いとは言えません。またビラを配る上で注意しなくてはならない点が多くあるので、やはり自力で探すのは大変であり限界があります。早く見つけたいという気持ちがあるものの、自分で探すことに限界があると感じたならば、早く探偵に相談してしまった方が良いです。経験と知識とノウハウを武器に、安全に調査を行う探偵は、きっと大きな助けになるでしょう。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒家出・所在調査の詳細ページはこちら

探偵コラムColumn