家出、所在調査のことなら信頼と実績ある当社へ

探偵コラム

名前だけの情報で探偵は人探しをすることができるのか考察してみる

探偵は様々な情報を総合的に判断して人探しをします。様々な情報があれば人探しをするのも楽になります。探偵に依頼をすれば情報が多ければ多いほど見つかる可能性が高くなります。しかし名前しか知らない場合は人探しをすることができるのか不安になる人も多いのではないでしょうか。ここでは名前だけの情報で人を探すことができるのか考察していきます。

名前しか分からいときは依頼理由を明確にする

人探しをする際に多くの情報が多ければ多いほど探しやすくなります。しかし情報や証拠が少ない場合でもちょっとした手がかりを元にして行方が分からない人を探すことになります。もし名前しか分からないけど探偵に人探しをしてほしいと思ったら、なぜ調査依頼をしたのかその理由を明確にする必要があります。探偵がすごいところは名前しか情報が無くても聞き取り調査で細かな話を聞いてそこから人探しをしてくれます。

特に名前しか分からないとき重要なのがなぜ探偵調査の依頼をしたのかを包み隠さずしっかり伝えることです。探偵や調査員は情報が多ければ探しやすいですし探せる時間を短縮することができます。名前しか分からないとなると手がかりが少ないので、もしかしたら時間がかかってしまうかもしれません。唯一分かっている正しい情報が名前しかないのであれば、違う側面から探す人の情報を割り出していきます。探偵は人探しのプロだからこそ、名前しか分からなくても人探しをしてくれます。

手掛かりになるものはないか?

探偵や調査員は依頼者が名前しか分からなくても様々な質問をしてきます。ちょっとした手がかりが人探しをするためのポイントになることが多いからです。名前しか分からないからといってそれしか話さないのではなくて、手掛かりになるものが無いか思い出して伝えることが求められます。

正直に話す

どのような理由であれ名前しか分からないのであれば、その人を探している理由を分かりやすく丁寧に探偵に話してください。なぜ名前しか知らないのかを考えたときに、昔のことで疎遠になっているからか、最近の話であってもその人のことを深く理解していないなど、人探しの相手と自分の関係は様々な理由があります。

例えば初恋の人やお世話になった先生など、昔に会っている名前しか知らない人は、当時の様子を思い出せる範囲で話したり、当時住んでいた場所などを伝えることで、そこから昔のことであっても人探しをしてくれます。

また最近の出来事の中から人探しをするのは、依頼者も昔のこと以上に探偵に話せる情報はたくさんあるはずです。名前しか分からなくてもそれらの情報をしっかり伝えることができれば、そこから相手の人物像をしっかり精査して人探しの調査をしてくれるでしょう。

情報提供に協力する

名前しか分からないと探偵も調査をするのに時間がかかってしまいます。そうなると予算の範囲内で調査が終わらなくなってしまう可能性もあります。せっかく調査依頼したのに途中で打ち切られてしまうのはもったいないですし、人探しをしてもらう目的を果たすことができなくなります。そうならないために名前しか分からなくても覚えていることを何でもいいので、探偵の調査がスムーズに進むための情報提供に協力するようにしてください。

名前しか分からないのであれば可能な限り小さなことでも良いので、その人を見つけるために必要な情報を提供するように心がけてください。探偵は人探しのプロなので些細な情報であってもそこから調査のきっかけになるものです。

昔の人を探してほしい場合はいつ出会ったのか、そしてどの場所で出会った人なのかを伝えてください。見た目の印象は昔と今で変わっているので、何年前でどこで出会った人なのかという情報が大切になってきます。

最近出会った人の人探しをしてほしい場合は、見た目の印象を分かる範囲で伝えることも人探しの手がかりになります。さらにどのように知り合ったのか、その人とはどのような交友関係なのかなど、細かな情報でも良いので探偵に伝えてください。

人探しをする際の注意点

名前しか知らない状況で人探しを探偵に依頼する場合、依頼者はいくつかの注意点を理解しなければいけません。そこを理解しないまま勢いで依頼をすると途中で調査が打ち切りになってしまい中途半端で終わってしまう可能性もあります。

料金が高くなる可能性がある

名前しか分からないと調査に時間がかかってしまい、最終的に料金が高くなってしまうことがあります。調査が長引いても料金がかからないように様々なプランを提供していることもありますが、基本的に時間がかかればかかるほど料金が高くなってしまうことを十分に理解してください。

依頼者はどのくらいの予算があってどこまで調査してもらうかを十分に把握しておく必要があります。人探しをしてもらっても見つからない場合どうするかを事前に探偵に確認しておくことをおすすめします。

法律に触れないようにする

今の時代は探偵であっても人探しをする際に気を遣います。それはストーカーやDVなど法律に触れる問題行為に該当する手助けをするわけにはいかないからこそ、依頼の内容によっては調査を引き受けることができない可能性があります。

注意しなければいけないのは、探偵は少しでも犯罪や違法行為に関わるかもしれないと思ったら、依頼を断ることもあることを十分に理解してください。現在ではストーカーやDVをしたいために探偵に依頼をする人も増えています。

それは本来の目的とは全く違うものになってしまいますし、探偵に依頼をする意味が異なります。探偵は犯罪に加担するような調査はしないことを明確にして、自分がそのような目的で人探しの調査をしてもらおうと考えているなら止めてください。

まとめ

ちょっとした確実な情報で人探しをしてくれるのが探偵です。依頼者から探してほしい人の名前しか聞かされなくても、その他の細かな情報をしっかり理解して探そうとしてくれます。だからこそ情報が少なすぎるから探偵に人探しをしてもらうことができないのではないかと諦めずに、まずは名前しか分からなくても探偵に相談するところから始めてみてください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒家出・所在調査の詳細ページはこちら

探偵コラムColumn