家出、所在調査のことなら信頼と実績ある当社へ

探偵コラム

探偵なら名前がわからなくても人探しできる?まずは探偵に相談を!

探偵に人探しの依頼を検討する人の中には、相手の名前がわからずに悩んでいる人もいますよね。名前は個人を特定する上で必要であり、人探しには重要な要素だといえるでしょう。探偵は名前以外の情報を活用することで、人探しを行なえることをご存知でしょうか?まずは名前がわからなくても人探しができるのか、探偵に相談してみることが重要です。ここでは、名前がわからずに人探しをする場合に必要な情報、探偵の調査方法について解説します。

必要な情報とは

名前がわからずに人探しをする場合、相手の名前以外の情報が重要になります。情報量が増えることで、探偵の調査成功率が上がるので、ちょっとした情報でも伝えるようにしましょう。名前以外の情報から個人を特定するのは難しいので、情報には正確性が不可欠です。名前がわからない場合、名前以外に必要な情報は主に4つあります。

  • 名前以外の情報
  • 出会った際の状況
  • 行きつけの場所
  • 勤務先

それぞれ説明しますね。

名前以外の個人情報

名前がわからない人物の人探しをする場合、おおよその身長や体重、普段の服装などの個人情報が必要です。相手の顔がわかる写真などがあれば、重要な参考資料となります。探偵が調査を行なう際、手当たり次第に調査をするのではなく、対象を限定しなければなりません。探偵は対象を限定するために、身長や体重などの情報を参考にしますよ。

出会った際の状況

名前がわからない相手と出会った状況も必要な情報となります。出会った場所や時間など、出会った際の状況を把握することで、少なからず行動パターンを知ることができます。行動パターンを知ることで、探偵は効率的に調査をすることが可能です。少ない情報から調査をするのは難しいので、出会った際の状況を少しでも詳しく伝えるようにしましょう。

行きつけの場所

出会った場所が行きつけのお店の常連など、名前がわからない相手が行きつけのお店にいることもありますよね。名前がわからない相手の行きつけの場所を把握しておくことで、相手にコンタクトを取ることもでき、さまざまな調査を行なうこともできますよ。

勤務先

名前がわからない相手の勤務先は、相手を特定するのに重要な情報となります。勤務先が判明していることで、勤務時間や休日なども判明するので相手を調べやすくなります。大企業の場合、膨大な社員数になることもありますが、他の情報も活用しながら特定することも可能ですよ。

名前がわからない場合の調査とは

探偵に名前がわからない人の人探しを依頼する際、どのように調査するのか知りたいですよね。探偵は必要な情報を基にして調査を行なうので、名前がわからなくても人探しをすることができます。名前がわからない場合の調査方法は主に2つとなります。

  • 聞き込み
  • 張り込み・尾行

それぞれ説明しますね。

聞き込み

探偵は名前以外の個人情報を参考にしながら、行きつけの場所や勤務先の人々に聞き込みを行ないます。名前がわからなくても聞き込みにより、該当する人物を複数名に絞ることができるでしょう。複数名に絞ることができれば、それぞれの顔写真を撮影して依頼者に確認することで、人探しをする相手を特定することが可能です。

張り込み・尾行

聞き込みで人探しをする相手を特定できれば、張り込み・尾行で行動パターンだけでなく名前も特定することが可能です。行きつけの場所や勤務先を張り込んで、人探しの相手を尾行します。尾行をすることで行動パターンを把握し、交友関係を知ることもできます。交友関係が判明したら、交友関係がある人物から人探しの相手の名前を聞き出します。張り込み・尾行は複数人で適度な距離感で行なうので、相手にバレることもありませんよ。

名前がわからない人探しはスピードが命

名前がわからない人を探す際、すぐに探偵に依頼することをおすすめします。名前がわからない場合、通常の人探しよりもスピード感が重要であり、依頼するのが遅いことで失敗しかねません。名前がわからない人探しでスピードが重要な理由は3つあります。

  • 記憶が薄れる
  • 勘違いしやすくなる
  • 引っ越しや転勤の可能性

それぞれ説明しますね。

記憶が薄れる

探偵への依頼が遅くなってしまうことで記憶が薄れてしまい、名前がわからない相手の印象が弱くなってしまいます。名前がわからない相手の印象が弱くなることで、身長や体重、服装などが思い出し辛くなるでしょう。名前以外の個人情報が思い出せなくなることで、人探し自体ができなくなる可能性もあります。探偵に依頼する前には、調べてもらう相手の印象などをメモに残しておくようにしましょう。

勘違いしやすくなる

名前がわからない相手の記憶が薄れてしまうことで、出会った際の状況や行きつけの場所の記憶が混同しやすくなるので勘違いしやすくなります。記憶が混同し勘違いすることで、探偵に間違った情報を伝えてしまう可能性があります。探偵に間違った情報を伝えてしまうと、調査に支障が出てしまい失敗する可能性が高いですよ。

引っ越しや転勤の可能性

時間が経ってしまうことで名前がわからない相手のライフスタイルが変わってしまうこともあり、引っ越しや転勤の可能性もあります。引っ越しや転勤で名前がわからない相手を追跡することが難しくなり、調査続行することが不可能になります。引っ越しや転勤で消息がわからなくなってしまう前に、早めに探偵に依頼するようにしましょう。

まとめ

探偵が行なう人探しの中には、名前がわからない人を探すこともあります。名前がわからなくても、名前以外の個人情報や行きつけの場所などの些細な情報により、調査を行なうこともできます。名前がわからない相手の情報次第で調査することもできるので、まずは探偵に相談することが重要です。探偵は聞き込みや尾行をすることで、名前がわからない相手の周辺の人物から情報を聞き出し、名前を調べることができます。名前がわからない相手を探す際には、時間経過による記憶違いの可能性が高くなってしまうので、早めに調査依頼することをおすすめしますよ。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒家出・所在調査の詳細ページはこちら

探偵コラムColumn